スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ウレぴあ 2012年2月号
2011年12月25日 (日) | 編集 |
ウレぴあ 2012年 2月号 ウレぴあ 2012年 2月号
(2011/12/24)
ぴあ
この商品の詳細を見る

ウレるを実感、ウレしいを共感。エンタなトレンド誌「ウレぴあ 2012年2月号」が、ぴあから発売されました。「韓国エンタメビジネスの底力」特集あり。

【主な内容】
★表紙:JIN AKANISHI
◆第1特集
 軌跡-赤西仁からJIN AKANISHIへ
 彼はいかに洋楽ビジネスシーンに挑戦するのか?
◆第2特集
 韓国エンタメビジネスの底力
 東方神起、少女時代、KARA、チャン・グンソク、CNBLUE、2AM、T-ARA、RAINBOW、INFINITE ほか。
 2011年の日本のエンタメ業界を席巻した、韓国エンタテインメント。韓流ドラマ、韓流映画、K-POPはもちろん、韓国のアーティストによる書籍、プロデュース商品などなど、とどまるところを知らぬ大きな波状攻撃は、日本のエンタメ業界を超えて日本社会にまで凄まじい影響を与えた。なぜ、韓国のエンタテイメントが、いまの日本において大きく拡大していったのか。いまの日本人が韓国のエンタメに向いてしまう理由を日本側の視点と韓国の文化的背景から考察。
韓国エンタメ業界の底力の源を徹底的に探ります。
◆第3特集
ちょっと前向きに生きたい人のトレンド大予測
2012年ちょいポジライフのススメ
◆第4特集
日本人は名画がお好き!アート・ビジネスを追え

●出版社:ぴあ
テーマ:雑誌(既刊~新創刊)
ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。